Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

A to Z - aquariums and zoos -

I visit Aquariums and Zoos to make them important places for me.

This blog is licensed under a creative license Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0)

Korean Otter Research Center 한국수달연구센터

…またまた時間が空いてしまった。

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162805j:plain

お待ちかね、 韓国カワウソ研究センター(KORC)についてです。

 

Never imagined that I could go Korean Otter Research Center ( Hwacheon , South Korea ). There're 11 otters on exhibit *1.

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162804j:plain

訪問は2016年の5月中旬。よく晴れた日でした。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162724j:plain

めぇ〜。と仔ヤギがお出迎えw

 

f:id:otters_yvonne:20160628162723j:plain

まってぇ〜〜〜!

 

f:id:otters_yvonne:20160628162722j:plain

カワウソセンターなのにヤギ?

…せっかく見に来たのにカワウソが寝ていて何も見れないじゃないか!と訪問者をがっかりさせないよう(?)ヤギやアナグマ*2やウサギなども飼育しているそうな。

 

 

 

館内をスタッフのキムさんに案内していただきました。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162725j:plain

ここは入り口はいってすぐのインフォメーションカウンター。まだカワウソを見ていないというのに、このロゴを見ただけでかなりテンションが上がります。落ち着け〜!笑

 

f:id:otters_yvonne:20160628162726j:plain

野生生物アカデミー(야생동물 아카데미)には

 

f:id:otters_yvonne:20160628162727j:plain

野生個体の撮影に使われるカメラや

 

f:id:otters_yvonne:20160628162728j:plain

糞から検出された骨や

 

f:id:otters_yvonne:20160628162729j:plain

それを見るための顕微鏡なんかがありました。よくみると壁面にはIUCN2007年カワウソ学会タペストリーがありますね。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162736j:plain

頭骨や毛皮などの展示もあり。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162735j:plain

部屋の前にいるのはジャコウジカの剥製だったと思います。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162730j:plain

ふだんは非公開のカワウソ保育室、

 

f:id:otters_yvonne:20160628162731j:plain

訪問時はスッカラカンでしたが、梅雨(장마기)で親とはぐれた子カワウソが保護されるとここにやってくるそうです。

 

過去に子カワウソを飼育していた際のドキュメンタリーがこちら。(4分,韓国語)

www.youtube.com

 

f:id:otters_yvonne:20160628162732j:plain

ナマズかな?こちらも非公開エリアで、カワウソの餌として飼育されていました。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162734j:plain

売店?奥に入らなかったのでよくわからない。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162733j:plain

オッターカフェ!こちらも中には立ち入らなかったので詳細は不明。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162802j:plain

さて、つべこべ言わずにカワウソたちに会いに行きましょう。

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162740j:plain

すいすい

 

f:id:otters_yvonne:20160628162743j:plain

キムさん(の手)とカワウソ。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162742j:plain

生い茂る緑と毛皮の濡れたカワウソ。ああ美しい。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162744j:plain

この池には4頭いたらしいが、もちろん個体識別なんてできない。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162745j:plain

だれかよんだ?

 

f:id:otters_yvonne:20160628162746j:plain

ここに限らずカワウソセンターの屋外展示は岩や茂みなどといった隠れ場が多い。生活しやすいんだろうなあ。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162747j:plain

ヒゲの感じが堪らん〜〜。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162751j:plain

背面泳ぎもしますよ。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162750j:plain

岩場でトイレ!

 

f:id:otters_yvonne:20160628162741j:plain

真っ昼間にもかかわらず活動的な彼ら。それもそのはず…

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162752j:plain

ご飯の時間ですから。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162753j:plain

さっきの水槽の魚です。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162758j:plain

網のすぐ向こうにカワウソ。その息遣いまでもが伝わってきます。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162759j:plain

うーーーーーーーん。

 

 

 

別のエリアでもご飯タイム。

f:id:otters_yvonne:20160628162754j:plain

それっ!!!

 

f:id:otters_yvonne:20160628162755j:plain

運ぶよ〜〜

 

f:id:otters_yvonne:20160628162757j:plain

韓国版”とびだせ水槽”でも

 

f:id:otters_yvonne:20160628162756j:plain

ガツガツたべるよ。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162749j:plain

もうおわり?

 

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162800j:plain

ここ韓国カワウソ研究センターは漢江(한강)の上流にある破虜湖(파로호)に面しています。すっごい傾斜です。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162803j:plain

屋外の放飼場は5箇所ありそれぞれ異なる見せ方をしています。ここには池の上に観覧通路が設けられていて、彼らが泳ぐ様子を真上から観察できます。

 

f:id:otters_yvonne:20160628162748j:plain

また、ある放飼場は屋内の巣穴も覗けるようになっており彼らが休む様子も観察できるようになっています。

 

 

ふたたび屋内に戻って

f:id:otters_yvonne:20160628162738j:plain

涼みながら暫く剥製に見入る。うーん。。。

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162739j:plain

ああ、こんな施設が日本にもあったらなあ。

日本にまだカワウソが生き残っていればなあ、でもなあ…

なぁんて考えながら。

 

 

 

 

f:id:otters_yvonne:20160628162801j:plain

かなーーーーーり山奥*3にあるので訪問のハードルは高いですが、行ってよかった♪と思いました。改めてまして、今回の渡航をサポートしてくださった田中さんとアンさんに深く感謝いたします。

 

 

追記

www.youtube.com

30分弱ある動画で全編韓国語ですが、なんとな〜くKORCの雰囲気ややってることが分かると思います。忘れちゃならないDMZプロジェクトについても。ぜひご覧になってください。

*1: as of May 17th

*2:茂みで寝ていて撮れなかった

*3:首都ソウルから120km!

Remove all ads

このブログは、クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利-継承 4.0 国際のライセンスの元提供されています。